子犬を飼うようになって私たちのゆっくりした生活のリズムが変わってきました

今晩は久し振りに夫婦水入らずでゆっくり夕食を食べる予定でした。ところが市内のアパートに住んでいる孫からの1通のメールで、この予定がご破算になってしまったのです。と言うのも今日孫は仕事が休みなので、夕方から遊びに来たいと言ってきたからです。これまでこの孫が夕方しかも夕食時に来るようなことはありませんでした。ところが、11月の初旬にわが家で子犬を飼い始めてから少し様子が変わってきました。独立して別所帯を持つ娘が会社帰りに立ち寄ったり、動物病院へ看護師として勤めている孫娘が様子を見に立寄ったりと、このところ連日のようにみんなが子犬を見たくて集まって来るようになったのです。みんなが集まってくれて賑やかにしてくれることは嬉しい反面、これが度重なって来ると私たち高齢者にとっては疲れの一因になるのです。今までのゆっくりした生活のリズムが急に変化することで、疲れを感じるようになりました。まだ子犬は生後2か月でヤンチャで手こずらせることもありますが、寝ている時の顔を見ると心が癒されるのも事実です。娘や孫たちが集まって来るのも子犬が珍しいと思える期間だけとなるでしょう。ただ孫たちに囲まれて賑やかなひと時が持てることは幸せだと思いますし、このような機会を与えてくれた子犬には感謝しなければならないと思っています。無利息キャンペーン